So-net無料ブログ作成

ウーゴルイスの戦績や実力を踏まえての亀田興毅戦の結果 [スポーツ]

スポンサーリンク




メキシコのウーゴルイスと亀田興毅が王座統一戦!戦績や実力を踏まえての結果を考察してみた。


ボクシングのWBA世界バンダム級の世界チャンピオンは皆さんご存知

亀田興毅です。

毎回八百長だ!とか騒がれていますが
実力自体はちゃんとある選手ですよね。

昔は鼻につくキャラクターでものすごい嫌いでしたが
最近は大人になったからなのか、おとなしくなってましになりました。


そしてこのチャンピオンと12/4に試合をしたのはウーゴルイス。


戦績は
32戦31勝(28KO)1敗

かなりの実力を持った選手という事はこれだけで分かるでしょう。
しかもなんとKO率は90%を越えています!

実力は同階級で最高。
過去亀田興毅が戦った相手でも最強クラスの選手でしたね


結果は皆さんご存知の通り

2対1で亀田興毅選手が勝利しました。


凄い
今回の試合では5度目の防衛となり
チャンピオンの風格を見せ付けて
挑戦者を退けました。


試合的には
亀田興毅が押している様子はありませんが、ただパンチ力がないだけで
防御がめちゃくちゃうまいので今回の勝利もディフェンスがうまくいった結果の事でしょう。


今回もまた八百長とか騒ぐ人が出てくるんですかね
今回の判定は妥当だと思いますからそういう人がでてくると亀田選手がかわいそうな気もしますね。





こちらの試合でしたっけ?八百長とか騒がれたのは?
まぁなんにせよ防衛できてよかったですね。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。